化粧水はどんな効果がある

化粧水は、シャンプー後の素肌に、とりあえず一番に付ける基礎化粧品です。化粧水の効果は、お肌を保湿して、キメを合わせる状況。シャンプー後のお肌は、保湿に必要な成分や油分も染みと共に落とされてしまった不安定な地位です。ここに、化粧水ですかさず水分と保湿成分をまかなう結果、お肌に潤いを加え、貫く美貌液なども浸透しやすい状態に整えます。

水分を補う結果ならと、ただの水を肌に擦り込みたところで、上っ面が濡れるだけですよね。化粧水の成分も、公算的には水(精製水)が7~8割を占めていますが、お肌を保湿するための成分として低い分人で普及出力のおっきいグリセリンやベタインなどや、ボリューム分人で上っ面にとどまり水分の蒸発を防ぐヒアルロン酸やコラーゲンなどをバランス良く合成することで、お肌に馴染み易く浸透しやすい着想がされています。

化粧水の種類と選び方

化粧水は目的別に様々な種類があります。保湿意外に単に目的のない「中位肌仕様化粧水」、染み・そばかす方法や美容白を目的とした「美容白化粧水」、ひびやあかぎれ方法には「アルカリ性化粧水」、キメを立てる「収斂(しゅうれん)化粧水」、古くさい角質や汚れを除去する「取り去り化粧水」、「面皰仕様化粧水」、「プレ化粧水」、などなど。www.duoenecho.org